スポンサード リンク

2011年11月19日

【ラノベ】 トカゲの王を読んでいるよ

トカゲの王 1 (電撃文庫 い 9-22)
■トカゲの王-SDC、覚醒-
著者:入間人間
イラスト:ブリキ


今、トカゲの王というラノベを読んでいます!
古本屋で100円コーナーで山積みになっている中でたまたま見つけたんですよね。

普段は古本は買わないのですが、この本は全然黄ばんでないし、擦り傷などもなかったので
100円ということで購入してしまいました!

入間人間さんとブリキコンビということで、発売した時からタイトルは知っていましたし、
中々いい買い物ができたかなーと思います。

入間人間さんといえば、電波女と青春男を思い出す人が多いでしょうね。
読んだことがある人なら知ってると思いますが、少しくどい言い回しがあったりしますよね。

それで今作もそうなのかな?と思ったのですが、今回は非常に物語に入り込みにくいです。

同じ時間、同じ場所での細かいキャラ間での視点変更が非常に多いです。
それだけではなく、急に過去の話が始まったりなど、とても転換が激しいというのが気になりますね。

なので、読んでいる人は作品に入り込みにくいというのが言えると思いますし、
そう感じる人が多いであろうと予測ができます。

まだ読み途中ではありますが、内容のほうも結局どういう方向に
持っていこうとしているのかがわからないですね・・・。
まぁ主人公のトカゲの能力が覚醒してからが面白くなると信じて読んでいます!w

また何か安くて状態の良い本が見つかるとイイナー♪

それでは、久々の普通?の記事でしたヘ(゚∀゚*)ノ


気に入っていただけたら是非クリックお願いします(≧ω≦)b

トカゲの王 1 (電撃文庫 い 9-22)
入間 人間
アスキー・メディアワークス (2011-07-08)
売り上げランキング: 39546

電波女と青春男〈8〉 (電撃文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス (2011-04-08)
売り上げランキング: 13126
posted by えんせいか at 18:00 | Comment(0) | ライトノベル>感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

【ラノベ】 バカとテストと召喚獣 9巻 【感想】

バカとテストと召喚獣9 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣9 (ファミ通文庫)
発売日:2011/1/29
原作:井上堅二
イラスト:葉賀ユイ


【あらすじ】(裏表紙参照)
墓穴と姦計が入り乱れた対Cクラス試召戦争。
Fクラスは、なんとか初日をタイムアップで切り抜け、勝負を二日目に持ち越すことに成功した。
しかし、たたでさえ低い点数をさらに減らしてしまった彼らは、いきなりピンチ状態からのスタートに!
しかも、明久は風邪で不在……。 どうなるCクラス戦!?
この劣勢を覆すことができるヒーローはいないのか!?
「それで、話ってなんだい吉井君?」(by知的眼鏡先生)勝利を信じる心と心の絆が奇跡を呼ぶ第9巻!!」


表紙には2回目となる霧島翔子が描かれています。
今回はAクラスとの絡みが多くなるので、今までには無かったキャラの一面などもたくさんみられましたよ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■ 明久視点 / 雄二視点
今回は、基本的に明久視点雄二視点を行き来するような描き方になっています。

8巻の最後の方で、姫路さんの行動に動揺してしまっていた明久が、遅刻してやってきてからの行動。
そしていつも通りにFクラス全体に指示をだす雄二の行動。

明久視点のほうでは、Aクラスに力を借りたりしていて、その模様が個人的には楽しかったかな。
工藤さんの今までには見れなかった一面をしることも出来たりしたしw

■ 謎の外国人少年
今回の勝負の”鍵”といってもいい外国人少年。
この少年は、一体どういった経緯で学校にいるのかは分かりませんが、試召戦争の勝敗に大きく関わる情報を持っていましたね!

■ 最後のほうはスピード感があった
試召戦争のほうも大きく動き始めた後半は、すごくスピード感があったと思います。
ただ単に読んでいる自分が、続きが気になってどんどん読み進めたからなのかもしれませんが、そうだとしても速さというものを感じることができましたね。

小説とかって、いかに自分がその場を想像することができるかで、見方とかも変わってくると思いますからね。

■ 信頼の絆
明久と雄二は普段は言い合ったりしていますが、やはり心の内では信頼しあっているんだなというのがとてもよく伝わってきましたね。

■ 次回は短編集 9.5巻
次回は短編集のようですね。
その中で一番気になるのが、姫路さんが明久の家で一緒に暮らしているお話かな?
8巻でも結構描かれていたように思いますが、まだまだ語れていない部分があるようなので気になります!

10巻では姫路さん、美波などの気持ちが気になっている明久のこととかが見れたらいいなと思います♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
9巻もとてもよかったのではないでしょうかね。
絆を描いている作品って好きなので、より一層楽しめて読めたかと思います。

でもやっぱり姫路さんと美波の気持ちを確かめたいと思っている明久のことをいち早くみたなかったな・・・w
それはもう少しお預けなので、次回の9.5巻を楽しみに待っていたいと思います!

バカとテストと召喚獣9 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
売り上げランキング: 37

バカとテストと召喚獣 (4) (角川コミックス・エース 256-4)
まったくモー助 夢唄
角川書店(角川グループパブリッシング)


気に入っていただけたら是非クリックお願いします(≧ω≦)b
posted by えんせいか at 18:00 | Comment(0) | ライトノベル>感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

【ラノベ】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7巻 【感想】

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 ((電撃文庫))
■ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7巻
出版社:電撃文庫
原作:伏見つかさ
イラスト:かんざきひろ
発売日:2010/11/10


【紹介】
「お、おまたせっ」 
顔を上げると、照れくさそうな微笑みを浮かべている……俺の彼女がそこにいた。
俺の愛しい恋人である彼女の名前は、高坂桐乃。 
「あんたのこと……”京介”って、呼ぶから」
「だって、その方が……恋人っぽいじゃん?」
 めちゃくちゃ仲の悪い兄妹だったはずの俺たちが、こんなただならぬ関係になっちまうなんて………まるで悪夢だ。
 夏休みに入ってからというもの、俺の周りでは恋の話題が尽きやしない。
「待て……殺さないでくれ……」
あやせの家にお呼ばれして、楽しい一時を過ごしたり。
「──妹に彼氏ができたかもしれない」
「責任を取ってもらいますわ、京介さん」
友人から人生相談(?)をされたり。
そして一年ぶりの『あのイベント』も──。
人気シリーズ第7弾!!


ネタバレをしないように書いていきますね!
今回の7巻は、今まで以上に濃い内容で驚くような展開ばかりでしたよ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■ 桐乃と京介が恋人に!?
表紙から察することが出来るように、桐乃と京介がカップルに!
しかしよく見てみると・・・ 桐乃が京介の手を抓っているのが分かりますね。

何かがあるということです!
そのってのがまたすごいことなんですよね〜。 さすが桐乃というところなのでしょうか。

■ あやせたんホーム
アニメが放送されてからさらに人気が増した新垣 あやせ
あやせから京介に連絡が入り、ウキウキ気分であやせの家へと行った京介。

実際に家に行くまでは・・・ラブリーマイエンジェルあやせたんと浮かれていたのでしょうかねw
しかし現実はそんなに甘いものではなかった・・・。

■ 赤城(兄)から京介に・・・!?
赤城(兄)からメールで相談ごとをされた京介。 その相談ごとってのが面白かったんですよね〜w
もし赤城(兄)みたいな状況におかれたら、とにかくパニックると思う。

京介もちょっと悩んでいることがあり、そのことと赤城(兄)が確かめようとしていたことが被っていたことから京介が救出しようとするのだが・・・

■ 衝撃のラスト
京介と・・・

以上。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
とにかく展開がすごかったってのが大きな印象。
こっちが終わったと思ったら、またこっち!?と思ったら、次はこっち!?みたいな感じ。
次から次へと山場が押し寄せてきていましたね。
だけど、その分続きが気になるので一気に読めちゃいました!

あやせは京介を完全に変態と思っちゃってるから対応もすごかったな〜
あそこまでしっかりと準備をしているとは・・・w

そして衝撃のラスト!
あんな終わり方されたら続きが気になってしょうがないよ!

アニメも絶好調な俺妹!
原作を読んでいない方も、アニメで俺妹を楽しもう!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 ((電撃文庫))
伏見 つかさ
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 1



気に入っていただけたら是非クリックお願いします(≧ω≦)b
posted by えんせいか at 18:00 | Comment(10) | ライトノベル>感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。