スポンサード リンク

2012年02月12日

【アクセル・ワールド】 OP/ED曲をMay'n&KOTOKOが担当に! 【2012春アニメ】

$えんせいかの一日の様子
OP/ED曲をMay'n&KOTOKOが担当に!

2012年の春よりTVアニメとして放送されるアクセル・ワールドのOP/ED曲の担当が決定しました!

OP曲には”May'n”さん、ED曲には”KOTOKO”さんとなっています。

さらに、OPの作曲編曲には”浅倉大介”さんが手掛けるそうですね。
T.M.Revolutionや藤井隆など大物アーティストもプロデュースしている方なので
今回の曲も非常に楽しみです!

ED曲では”fripSideの八木沼悟志”さんが作曲編曲を担当されているそうです。
作詞のほうはKOTOKOさん自身が書かれるようですね。
KOTOKOさんもあらゆる方の作詞をされていますので、その経験を活かして頑張ってもらいたいです。





アクセル・ワールドは”川原礫”先生の作品で、原作が電撃文庫より出版されています。
ニューロリンカーという携帯端末を用いて、「ブレイン・バースト」とよばれるアプリケーションを
使用して戦いが繰り広げられています。

突如、主人公である有田春雪の元に現れた”黒雪姫”先輩によって
春雪は「ブレイン・バースト」の世界に足を踏み入れることとなり、
その世界の中での春雪は未だ嘗て無かった能力を兼ね備えていたのです。

第15回電撃小説大賞・大賞を受賞された作品なので、
興味がある方はチェックしてみては如何でしょうか♪


気に入っていただけたら是非クリックお願いします(≧ω≦)b

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)アクセル・ワールド 1 (電撃コミックス)アクセル・ワールド〈10〉Elements (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)
アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
アクセル・ワールド 1 (電撃コミックス)
アクセル・ワールド〈10〉Elements (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)
posted by えんせいか at 18:00 | Comment(0) | 【アニメ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

【2012冬アニメ Vol.1】 今期視聴アニメのちょっとした 【感想】

$えんせいかの一日の様子

2012年になり、アニメのほうも次々と新しいタイトルが放送され始めました。
新作アニメが大体放送されたので、ちょっとした感想をまとめてみたいと思います!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■2012冬アニメ 感想(※順不同)

$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■アマガミSS+
2010年にアニメ化になり、オムニバス形式で展開されたのが好評だった”アマガミ”の2期になるのが今回の”アマガミSS+”です。
SS+でもオムニバス形式で展開されていくようなので、視聴者が好きなキャラクターと主人公が親密な関係で接触するようになっています。

この形式は他のギャルゲー原作のものなどに採用されるといいと思うのですが、
これはこれで難しいと思うので一概にオムニバスとはいいきれないところなんですよね。

内容のほうは1期での各ヒロインとの後日談が描かれているので、1期が楽しめた人なら確実にこの2期も楽しめることでしょうね。
個人的に1期を観た感じだと、七咲 逢編が一番良かったので七咲編に期待して視聴継続です♪

関連記事
【アマガミSS+ plus】 第1話 「絢辻 詞 前編 ユウワク」 【感想】


$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■新テニスの王子様
小学生の頃に”テニスの王子様”が放送されていましたが、まさか続編までもがアニメ化するとは思ってませんでしたよ。
”新テニスの王子様”の原作も読んでいますが、もうテニスを遥かに超えた戦いが繰り広げられていますね。

でもそれが面白いので観ますけどね!

それからU-17という高校生日本代表の選抜と中学生がテニスなどをしていくのですが、
こういう何かの選抜とか、選ばれた者達を降していく展開が割りと好きなんですよね。
そんな展開に加えて、でたらめで考えられないテニスをしてくのだから観ないわけにはいかないっしょ!

関連記事
【新テニスの王子様】 第1話 「王子様の帰還」 【感想


$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■夏目友人帳 肆
4期目となる”夏目友人帳”ですが、毎回1クールだけでの放送なので話数的にはそこまで多いわけじゃないんですよね。
細かく分割されての放送になっていますが、安定した面白さが夏目友人帳にはあると思うんですよ。

どうしてこんなにも多く良い話ばかりを作れるのかって思ったことがあるぐらいに!
それと夏目の魅力ってニャンコ先生の存在も大きいと思いますね。
見た目は豚猫なのにどこか可愛さらしさを感じてしまいます。
さらに井上和彦さんの演技力も合わさっていますので、余計に魅力的に思えてしまいますよ。
井上さんの声の使い分けや、演技力はとにかくすごいとしか言いようが無いです!

物語のほうも、1期からしっかりと続いているのでしっかりとチェックしていた人にとっては
色々と話が見えてきて楽しくみれていることでしょう。
ただ、4期から観始めたって人は少し話が飛んでいて分かりにくいと思いますが^^;
余裕があれば是非とも1期から観てみることをオススメしますよ。

関連記事
【夏目友人帳 肆】 第1話 「とらわれた夏目」 【感想】


$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■キルミーベイベー
まんがタイムきららキャラットで連載されている”キルミーベイベー”
アニメ化が決まる前から何度か名前を目にすることはあったので、知名度はそこそこあったのかな?という印象でした。

実際に観てみると1話がものすごく長く感じて、寝そうになっちゃいました^^;

キルミーベイベーのような日常が描かれているものって好きなのですが、
この作品はキャラクター間で会話のやり取りが単調に感じてしまいます。
似たようなやり取りが多く、安易に次が予想できてしまうし、最後にはこうなるじゃないか?という具合に視聴していました。

ただキルミーベイベーのOPが印象に残りやすいので、気になる方は一度聴いてみるのもいいでしょうねー。
それから

関連記事
【キルミーベイベー】 第1話 「いぬをしのびてさくらさく」 【感想】


$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕
1期の1話を開始数分で切った後に、ネットで話題に多くあがっていたので視聴してみたら
最初感じていたものが嘘のように話が進むにつれて面白くなっていった”ミルキィホームズ”の2期が放送開始!

放送開始されたのはいいのですが、どこか1期とノリが違う感じがします・・・。
もっとG4を絡めてきて欲しいです、はい。

1期同様に話数を重ねるごとに面白くなっていくことに期待するしか今のところ無いです!

関連記事
【探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕】 第1話 「野菜の果て」 【感想】


$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■パパのいうことを聞きなさい!
タイトルをみたとき、「最近は変わったタイトルのものが多いなー」と感じた”パパのいうことを聞きなさい!”
原作を全然知りませんが、タイトルからして萌え要素が強いものなんじゃないの?と思ってました。
1話までは割りとそんな感じなのですが、2話の最後で一気にその考えが変わりました。

3話目でどういったことになっているのか、続きが気になっています。
本当にいきなりすぎた展開で驚きましたよ。 タイトルからは全然察することができなかったので余計に^^;

評判はどうなのか分かりませんが、何気に続きが気になるタイトルとして毎週みていきますね。

関連記事
【パパのいうことを聞きなさい!】 第1話 「パパと呼ばないで」 【感想】


$えんせいかの一日の様子$えんせいかの一日の様子
■偽物語
前作”化物語”が大ヒットした続編にあたるのが”偽物語”です。
やはりシャフトならではの演出と上手くマッチしているのが、このシリーズだと思います。

会話テンポもよく、キャラクターの魅せ方も文句なしです。
キャラクター間での会話テンポが速いと感じる人もいると思うのですが、
不思議と頭にはしっかりと入ってくるんですよね。 これは自分だけなのかもしれないけど^^;
やっぱりキャラクター同士のコントのような会話って観てても聞いてても面白いものです。

そして偽物語では、化物語でほとんど登場してこなかった火憐&月火姉妹の話となっています。

ちなみに今期1番楽しみに観ているタイトルです!
なので、最終話までシャフトには制作頑張ってもらいたいです!!

関連記事
【偽物語】 第1話 「かれんビー 其ノ壹」 【感想】
【偽物語】 第2話 「かれんビー 其ノ貳」 【感想】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
新作アニメ7本について軽く書きましたが、
こうしてみるとやっぱり偽物語が一番楽しみにしているんだなって思いました。
BD/DVDの予約も偽物語がずば抜けているみたいですし、やはり注目されているんですね。

まぁ現段階は偽物語といった感じですが、他のタイトルの今後の展開によっては
思わぬタイトルが浮上してくる可能性もありますよね!

ダークホース的なアニメが潜んでいるといいのですが・・・w

さて、他の新作アニメに関しては、また後日まとめることにしたいと思います。
予定としてはシンフォギアやラグランジェなどなどです!


気に入っていただけたら是非クリックお願いします(≧ω≦)b

「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2012-04-25)
売り上げランキング: 1

アマガミSS+ plus (1)絢辻 詞 【Blu-ray】
ポニーキャニオン (2012-04-04)
売り上げランキング: 111

パパのいうことを聞きなさい! vol.1(Blu-ray)
キングレコード (2012-03-07)
売り上げランキング: 120
posted by えんせいか at 12:00 | Comment(4) | 【アニメ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

【アニメ】 オリジナルアニメが目立った1年

こんにちは、えんせいかですw

毎年、数多くのアニメが放送されるわけですが、
そんな中今年はオリジナルアニメが多かった年でしたね。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版)  [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


タイバニやあの花など、放送されていた頃はかなり注目されていました。
タイバニなんて放送前はほとんど注目しているひとがいなかったにもかかわらず、
王道な展開所が評価されぐいぐいと名前が広がっていったのには驚きました。

あの花は、純粋に感情移入したって人や、途中途中の悲しいシーンから
エンディングテーマに「secret base 〜君がくれたもの〜」だったりと、
色々な方面から注目を浴びていましたねー。

さて、今年のオリジナルアニメで最も話題になったといえば・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
$えんせいかの一日の様子
魔法少女まどか☆マギカ
まどマギに関しては、制作陣から既に話題にあがっていましたよね。
人によってはここ数年で一番面白いアニメだったと言うぐらいの方もいますし、
確実に成功したアニメの1つと言えるでしょう。

オリジナルアニメって原作がないので、視聴者側は誰一人として続きが分からないのです。
なので次の展開の考察、予想などが、ものすごく盛り上がるんでしょうね。

Twitterが広まってきた影響もあり、より一層情報が手軽に共有できるようになったのも
大きな影響の1つといえると思います。

オリジナルアニメの他には、”らき☆すた”や”けいおん!”のように、
女子学生4人+αで展開されていくゆるゆりも人気を集めましたね。

成功例があるものに似たジャンルや、構成のものが今後も多くアニメになったりするんでしょうかね。
オリジナルアニメの中にも、たまゆらが4人+αで展開されていましたが、
あのアニメはゆるやかな雰囲気で描かれているので、けいおんやゆるゆりのような
テンションのものではなかったためか話題性は低かったかもしれませんね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
オリジナルアニメが好きな自分としては、毎クール楽しみがあってよかったですね。
来年も今年のようにオリジナルアニメが多く放送されるといいのですが、どうなることでしょうかねー?

来年1月から放送されるアニメに関しては、今回は時間の都合上まとめることはできませんでしたが、
感想記事は毎話は無理としても、出来る限りアップする予定でいます!


気に入っていただけたら是非クリックお願いします(≧ω≦)b

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2011-04-27)
売り上げランキング: 415

ANOHANA FES.MEMORIAL BOX【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2012-02-22)
売り上げランキング: 379
posted by えんせいか at 12:00 | Comment(2) | 【アニメ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。